看護師の復帰と働き方

看護師の求人は、ほんとにたくさんあり、
まず、就職できないことはないですね。

妊娠を期に働いていた病院を退職しましたが、
もしまた働きたくなったら、就職先はたくさんあると思って、
何の迷いもなく、退職しました。

勤務状態から、子育てしながら働き続けるのは
正直無理って思ってたのもあり、妊娠出産を理由に、
一旦、看護師から離れたかったのもありますね。

子どもが少し大きくなってから、
看護師に復帰する人も多いと思います。

そうなると、3~5年くらいのブランクがあるのでしょうか?
そろそろ働こうかなと思ったときに直面するのがブランク。

不安いっぱいです。
正直、急性期、外科系の病棟などの勤務は辛すぎますよね。
子育てや家庭との両立なんてできるのでしょうか?

その時何度か見ていたのが、看護師就職選び方というサイトです。

もし、病院勤務にこだわらなければ、デイサービスや
訪問看護、健診センター・健康管理センターなど、
病院以外にも看護師の求人があります。

ブランクがある場合は、こういった職場のほうが、
スムーズに復帰できるのではないでしょうか?

勤務時間も不規則ではないので、家庭との両立もできそうです。
ただ、医療行為が少ない分、看護師のスキルアップは望めません。

もし、この先、さらに看護師としてスキルアップをし、
ずっと働いていく気持ちがあるなら、
看護師の復職支援講習などを受け、看護技術の勘を取り戻し、
病院に就職した方がいいですね。

転職を成功させるために押さえておきたいポイント

転職は決して能力に長けているから上手くいく、といった事は関係ありません。
ちょっとした注意を払う事が成功への近道になります。

ちなみに、このホームページは参考になると思います。
看護師の再就職をスムーズに進めるための方法を教えます

これまで何度も転職を繰り返してきたが、
満足の良く職場に出会う事ができない、
といった悩みを抱えている方は特に今回の情報を参考にしてみて下さい。

・複数の企業を選ぶ

転職成功者の多くは、1社にとどまらず
複数の企業に応募していることが多いです。

複数の企業に応募する事は、企業情報を調べたり
対策を行うなど事前準備は大変になります。

しかし世の中には非常に多くの方が転職活動を行っており、
採用に至るまでのハードルは高いです。

さらには、1社に絞って転職活動を行った場合、
不採用になった際の精神的なショックはもちろん、
次の企業を探すまでの時間も必要となります。

在勤中での活動ならまだしも、失業中での活動となると
金銭的な面でも長く転職活動を行うことが難しいといえます。

ただし注意したいのが、だからといって手あたり次第に応募する事は避けましょう。
あくまで第一志望という意識で応募する事は忘れてはいけないポイントになります。

・履歴書と職務経歴書について

複数の企業へ応募する際には、面倒でも
履歴書や職務経歴書を作り直す事が大切です。

手間がかかるため再利用したくもなりますがこれは間違いです。
応募する企業や職種によって、志望動機などの文章はそれぞれ異なってくるからです。

書類で大切な事は、いかにその企業で働きたいのか、
という事を伝える事がポイントでもあるため、
面倒でも応募企業ごとに作成しておく事が大切になります。

・明確な希望や将来的なビジョンをもつ

明確な希望や将来的なビジョンを持つ方ほど、
よい転職先に巡り合う確率は高くなります。

転職は希望の企業に転職でたら終わりという事ではなく、
転職後の働き方や待遇に満足する事ができなければ成功とは言えません。

ですので、転職を考える際には、明確な希望や
将来的なビジョンを考えておく事が非常に重要なポイントになります。

この様に、上記に挙げたポイントを考える事によって
転職の成功率を高める事は限りなく高めることができます。

転職で自分らしく働けるようになった

私は今まで国立の病院で看護師として働いていました。

国立で働くということは、安定した生活基盤を手に入れるのと同じことですが、
私にとっては当時の環境は不満だったのです。

両親は公務員に就職できたことを誇りに感じていたようですが、
私にとって国立の病院での勤務は、堅苦しい環境の中で息が詰まる思いでした。
そこで私は、引っ越しを期に総合病院への転職をすることに決めたのです。

両親や知人からは、国立病院から総合病院への転職を考え直すように説得されましたが、
やはり自分が働きやすい職場で働きたいという気持ちが強かったので、
家族の説得には応じず総合病院での看護師勤務を選択しました。

初めての看護師転職で慣れないこともあったのですが、
ネットの看護師転職サイトに登録してエージェントのお力を借りながら、
条件の合う職場への転職活動を進めてきたのです。

そのとき、参考になったのが、看護師求人福岡というサイトです。

その甲斐があり、今ではのびのびと看護師の仕事をすることが出来るようになり、
世の中は地位や名誉だけではないことを改めて実感しました。

やはり自分らしく働くためには、自分に合った病院で働くのが一番だと、
今回の転職活動を体験して感じたことです。
両親も今では私の選択を快く受け入れてくれて、本当に良かったです。

転職で好条件の職場環境に移れました

誰しも勤めている職場やその仕事の内容に、
不満を感じることはあるものです。

そんな時は社会人として、まずは自身の考え方を振り返ることや、
その場所で活躍できる方法を考える必要があるかもしれません。

しかし、ある程度努力しても改善が見込めない場合などは、
転職が適切であるケースもあるものです。

私の場合、同じ職種で転職して好条件の職場環境に移ることができました。
その体験をご紹介したいと思います。

ちょっと紹介しますが、その時に参考になったサイトです。
看護師の就職先は病院だけじゃない!

まず転職を考えた理由は、仕事の量が多いことに辛さを感じたからです。
忙しいのが当たり前の職種であるため、ある程度は納得してその仕事に就きましたが、
遅くまで働く生活が続くと身体に支障が出てくるものです。

私は疲れやストレスが溜まり過ぎて、慢性的な身体の怠さがあり、
免疫力が劣っていたせいか慢性的な鼻炎のような状態になってしまいました。

病院で薬を処方してもらい、それを飲み続けることで
何とか仕事ができていたような状態でした。

もうひとつ転職に踏み切った理由は、
忙しいのに給与が安いと言う不満もありました。

このような職場では、仕事へのモチベーションを保つのがとても大変です。
その会社で5年務め自身のキャリアを積んだ上で、転職に踏み切りました。

退職を切り出す前にまずは転職サイトを利用して、
同職で好条件の職場があるのかどうか、
そのような所へ転職できる可能性があるのか検討してみました。

実際に探してみると、自分の希望に合った職場もあり、
キャリア的にも充分に応募可能であることが分かったのです。

会社の都合もあり、退職まで3か月くらいの余裕を見ることになり、
その間引継ぎ等を行いながら転職活動も進めました。

そして無事、期間をおくことなく好条件の職場に転職できたのです。
残業も少なく、しかも給与もアップして満足できる転職となりました。
成功できたポイントは、キャリアを活かせたことと、
早目に転職の可能性を探ったことにあると感じます。

転職は余裕をもったほうがいい

転職は余裕をもってやるほうがよいです。もし追い込まれてする場合、
今働いているところもさらに悪くなる可能性がでてきます。
そうならないためには、準備が重要になってきます。

まずお金です。この余裕がなければ、動くにしても範囲と時間が限らてきますし、
家族がいる場合、活動そのものを止めらてしまう可能性がでてきます。

その次は、やはり情報です。これを上手に扱わないと、
よい会社に巡りあいません。また巡りあいそうになっても、
今度は早さ勝負になってきて自分に回ってこないことだってあります。

ですので情報を多く仕入れて、素早く適応できる環境が必要になってきます。
あとはできれば、人脈があればいいと思います。

社外でも付き合いがあれば、誘ってくれる会社もあるかもしれないです。
なので、人間関係も疎かにしないようにしておくべきです。

勿論即効即決でいい会社に巡りあうかもしれませんが、
折角転職できるチャンスがあると思って、よく考えるべきです。

活動は結構なエネルギーを使います。
また収入がないパターンもあるのにお金もつかいます。

たまたま見たサイトに看護師就職先病院というのがありました。
求人がたくさんあるイメージの看護師でも、就職先には悩むようですね。

なので、出来れば次の職場で自分にあった職場であってほしいですし、
安泰に働き周りに心配をかけないようにしていけるように、
しっかり準備してよい職場を選びましょう。

あえて正社員からパートへ転職したハッピーライフ

私はホームセンター業界で15年勤めていまいた。
私が45歳の頃でしたが急に残りの人生後半を考えると
これでいいのかと思うようになってきました。

というのもホームセンターでの仕事は
クレーム処理が大変多くなってきていました。

昨今はお客の権利意識が強くなりすぎ、些細なことでも
偉そうにふるまうお客が増えてきて対応におおわらわでした。
かなりストレスはたまります。

私はホームセンター業界内でも2度転職していたので、
本部に昇格する見込みはなかったですし、60歳まで現場で
こんなことをしていたら人生きっと後悔するなと思い会社を辞める決意しました。

幸い私は子供がなく、貯金も2000万円ほどあったので会社をやめて、
すぐ困窮することはありませんでした。

ハローワークで失業保険をもらい
1年ほどゆっくり過ごしました。

そんな時に、参考にしたサイトが看護師アルバイト単発です。
看護師ではありませんが、次につながる働き方を学びました。

そしてこのたび地元の観光案内所の職員の仕事を得ました。
週3~4日のパート職員ですが健康保険もついてくるのでラッキーです。

あまった時間で日雇いの倉庫軽作業などのバイトを入れようと思っています。
給料は額面で30万から20万と減りますが、節約すれば十分やっていけると思います。
なにより以前と比べ転職後は日々のストレスが少なくハッピーです。

自分をいかに高く売り込むか、それが転職活動です

50代の男性です。何回か転職しておりますが、
転職して年収600万から年収360万円に下がり、
また転職して年収600万に戻した経験があります。

年収600万の時は、知人の紹介で転職し、
営業のマネージャーとして仕事をしておりました。

部下もおり、現場の責任者として仕事を回しておりましたが、
会社がある事業を売却してしたことに伴い、リストラを実施し、
その会社では比較的年齢の高い私がリストラの対象となってしまい退職しました。

やむを得ず知人の仕事を手伝いながら転職活動し、
同業他社に仕事を見つけることができました。

しかしここがとんでもない会社で、管理職候補で募集しており、
希望年収も伝えていたのですが、いざ雇用契約書にハンコをつこうという段になって、
年収を100万円値切ってきました。

その時私は収入がほとんどなかったので、
足元を見られたのでしょう。

やむを得ずしばらく働きましたが、給料は安く、
管理職候補とは名ばかりで全く約束と待遇が違ったため、
すぐに退職しました。

その間も転職活動は続けていたので、3ヶ月ほどで次の仕事が見つかりました。
ここは営業責任者として転職し、肩書もそれなりのものでした。
また、給料も前々職と同様の600万を提示したのですが、満額回答でした。

この転職はたまたまうまくいっただけなのかもしれませんが、
求められている会社に、求められるスキルを持っていて、
それがきちんと機能するとお互いにわかりあえれば
それ相応の収入が得られることがわかりました。

色々インターネットで検索しているときに、看護師未経験というサイトを見ました。
異業種ですが、同じ社会人として参考になりました。

適材適所ということばがありますが、
兵隊を求めているところに50代の隊長はいりませんし、
事業部長を募集している会社に20代のキャリアの浅い若手が応募しても結果は出ません。

自分を過剰に大きく見せるのではなく、
自分をどこにどうはめ込めば高く買ってもらえるかを
考えることが大切なんだと感じた転職でした。

健康が一番としみじみ感じました

生まれも育ちも関東の田舎で、
生まれてから一度も引っ越しをしたことがない人が
ほとんどという環境で育ちました。

上京することなど考えもせず大学は地元の私立大学に進学、
就職も当然地元の企業を選びました。

友達もそうしているし、親も実家にいなさいと言っていたので
何の疑問も持っていなかったのです。

それでもそこらの中小企業では嫌だという、
今思うと意味のないプライドで選んだ企業は
地元の老舗百貨店だったのですが、
内部の事情を知っていれば絶対就職しませんでした。

有名な企業なので内定を得たときは家族中が喜んでくれて
私も鼻が高かったのですが、内情は思っていたものとはまるで違いました。

まず完全な男尊女卑の体質で、経営陣は男性ばかりで
女子新入社員は新年会でお酌をするのが当たり前、
容姿の良い人はどれだけ態度が悪くても売り場には出さずに
内勤で出世させる等の事が常態化していました。

私は売り場配属でしたが、そこでは大卒女性は私しかおらず
直属の上司は短大卒だったので、いずれ自分を追い抜くであろう私が気に入らなかったらしく、
仕事はできないくせに給料は高いなどと面と向かって罵倒されているうちに次第に追い詰められていきました。

毎日泣いてめそめそして心臓がキリキリ痛むまでになり、
このままでは死ぬと思ったらなんだか馬鹿らしくなっていたところ
運命的な確率で新しい仕事に巡り合うことが出来ました。

転職も考え求人サイトにその職場の求人が出ていたので、
百貨店の接客で培った対人スキルを総動員したところ無事内定をいただけました。

その時に見ていたサイトで、就職先を決定するのに役に立ちました。
http://xn--1kr55w93fznt4kx.com/

百貨店の社則では一か月以上前に退社の意思を伝えなければいけなかったので、
人事の担当者にはずいぶん嫌味を言われましたが、
今まで散々アンケートなどで上司のパワハラを相談していたのに
何も対策をしてくれなかった事を問いかけたら黙りました。

件の上司もなんだか騒いでいましたが、
もう関係なくなるので怖くありませんでした。

市の臨時職員だったので待遇もお給料も格段に不安定になりましたが、
転職してから確実に毎日楽しく明るくなったし、心臓が痛くなることもなくなったので
今体を壊しながら仕事をしている人にはすぐに逃げることを切にお勧めします。

会社はあなたがいなくても困りませんが、
失った健康はなかなか元には戻らないからです。

絶対に次のところを見つけて辞めるべき

よく転職するときによく言われるのが
「次の所は決まっているの?」という言葉ではないでしょうか?

1番の理由はお金です。決めずに仕事を辞めるとかなり金銭的に損をします。
簡単に考えて転職活動というのは利益になりません。
むしろお金と時間が必要になります。

本当ならお金を稼ぐことが出来た時間を逆に使っていくいっぽうですので、
3倍の損をしていることになります。

そして社会保険よりも国民保険は高いですし、
住民税も払わないといけません。

以前まで会社が多少なりと手助けしてくれていたお金も
全部自分で支払うことになります。

ちなみに、今回参考になったホームページはこれです。
http://xn--eutz53bzjey9kba600oiph.com/

意外とその感覚で仕事を辞める前は鈍くなります。
辞めたいという気持ちが大きすぎて目に入りません。

ですので辞める前に次の仕事を見つけずに辞めたら
毎月いくらいるのかを計算してみてください。

とてもじゃないが求職活動をらしながら払っていくのは大変だと思うはずです。
また気持ちの面でも不安とプレッシャーでかなり辛い気持ちになります。

家庭がある人はなおさらです。
ですので余裕がある人は次の所を見つけて転職することをオススメします。